読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにも わからぬ

パソコンとプログラミング関係をメモっていきたい

samba接続のパフォーマンスとディスク性能の謎

Deskminiのsamba共有HDDから直接プログラムを起動すると、プログラムによってはフリーズしたのかってくらい固まるので、ディスク性能によって改善されるのかちょっと試してみた。

RAMディスクとSSD(PX-128M3P)とHDD(2.5インチ 7200rpm)をそれぞれsambaで共有し、クライアントから802.11n 2x2でルータ、ルータから有線GbEでサーバに接続。実効速度200Mbps程度。 Windowsクライアントでドライブレターを振ってこんな感じ。 f:id:htkb:20160908232447j:plain

んでCrystalDiskMarkでベンチを取ってみると f:id:htkb:20160908232611j:plain

???キャッシュが効いているとしか思えないような数字が。HDDは直接SATAで繋いでも4Kにこんな数字は出ないはずだが……。

Gimp Portableのインストール先をネットワークドライブにしてインストールと起動にかかる時間を計ってみると

RAM SSD HDD
インスコ1回目 127秒 134秒 139秒
インスコ2回目 117秒 128秒 138秒
起動時間*1 141秒 144秒 159秒

何かよくわかんないけど実使用であんまり差がなさそうにしか見えないし倉庫にSSD要らなさそう。眠いので詳しいテストはまた気が向いたら……。

*1:初回起動はフォント読み込みが起こるため除外。1回ごとに再起動。こんなに時間がかかるのは「Querying new Plug-ins」が毎回起こるバグ?のせいらしい。