読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにも わからぬ

パソコンとプログラミング関係をメモっていきたい

Majestouch Convertible 2 Tenkeyless黒軸を買ってやや後悔してる話

f:id:htkb:20161204042836j:plain

Majestouch Convertible 2赤軸とMinila Air赤軸をメインに使ってきたが、Convertible 2 Tenkeylessが出たこともありかねてから気になっていたTenkeyless黒軸を購入してみた。まだ使い始めだけど、正直なところ満足していないし後悔している。ただネットを見ていると赤軸/黒軸に対して誤解が多いように思うので、こちらも素人ながら簡単な説明とともに使用感を記してみる。

ざっくりとしたCherry MXスイッチの種類と特徴

現在、一般的にメカニカルキーボードと呼ばれているもののほとんどはキースイッチにCherry MXスイッチが採用されており、Cherry MXスイッチの中にも様々な種類があり色で区別される。代表的なものが茶軸・青軸・赤軸・黒軸で、茶軸/青軸と赤軸/黒軸ではその性質が大きく異なる。特に赤軸/黒軸のいわゆるリニア軸は他の一般的なキーボードとも使い勝手が大きく異なるため、安物のキーボードの上位互換的なものを期待して初メカニカルに赤軸/黒軸を購入すると期待を大きく裏切られ、メカニカルキーボードアンチにその身を堕としてしまう人もいるとかいないとか……。

茶軸と青軸は押下圧(押し下げるために必要な力)のピークが1mm程度押し下げた辺りにあり、このピークを越えると急激に押下圧が下がるため、「スコン」と底まで自然にキーを落とす形(底打ち)になる。このように底打ちしやすく、かつ底打ちしたときのクリック音によるタイピング時の爽快さが人気の秘密。キーボードを叩くに当たっての特別なコツなども必要なく扱いやすい。

一方で赤軸と黒軸はリニア(直線的)軸と言うとおり、押し下げれば押し下げるほど直線的に押下圧が高まっていく。底に至る地点がもっとも押下圧が高くなるため、普通のキーボードの感覚で底打ちさせようとすると重く感じる。特に黒軸は赤軸の重いバージョンなので、これを1タイプ1タイプ底打ちさせていったのでは腱鞘炎になってしまう。ネットでの口コミも黒軸は重くて手を痛める的なものが多く、そういう人は普通のキーボード感覚で底打ちさせているのだろう……と思っていた。

じゃあどうするのかというと、キー入力を受け付けるポイントは底よりもかなり浅い位置にあるため、キー入力ポイントを大体指で覚えてその辺りで押し込むのをやめ、反発力に任せて指を上げて次の運指に移行する……という、撫で打ち(浅打ち・半打ち・etc)が基本になる。別に赤軸・黒軸で底打ちしてはいけないというわけではないが、赤軸・黒軸のメリットが何もない上に黒軸だと重くて指を痛めてしまうだろう。逆に撫で打ちの際には黒軸の強い反発力が次の運指への推進力を生み、快適な高速タイピングが可能になる……はずだった。

なんで赤軸持ちが黒軸買ったの?

赤軸は軽すぎて、意識して撫で打ちしても結構底打ちが出てしまう。丸3年使ってこれなので赤軸で底打ちを無くすのは不可能と判断した。赤軸なら底打ちになっても十分軽いし特に困ってるわけではないけど、黒軸の反発力に任せて底打ちを減らしスムーズな運指が可能になると思った。ついカッとなって買った。キーボードなら何でもよかった。今は反省している

で、どうだったの?

重すぎる。撫で打ちを意識すると入力抜けが出る(キー受付の深さまで達してない)。特に右手小指のpや-(ハイフン)を2回以上重ねるときにものすごく抜ける。かといって力を入れると底打ちになってしまい、「底打ちしないが確実に入力は受け付けてもらえる」という微妙な力加減ができない。触ってる感じも重たくて右手が疲れる。慣れの問題ではないような感じがする……。その一方で押し下げるときの重たさは感じても反発力で指が浮かされるような感触は得られず、タイピングも押し下げが重くなった分遅くなっただけ。

f:id:htkb:20161204041137j:plain 赤軸でも500行かないくらいだけどね……。

赤軸に慣れきったからこう感じるのかもしれないし、しばらく使ってみようとは思うけど、駄目ならConvertible2の赤軸スイッチをTenkeylessに移植手術しちゃおうかなぁ。スイッチの問題はともかくテンキーレスは非常に良いよ。テンキーあるとマウスがかなり右側にずれることになるし相対する画面に対してキーボードの中心も右側にずれるの気持ち悪い。